採択事業詳細

沖縄県採択事業者のご紹介

沖縄の配信イベント情報を多言語で発信

コロナ後の配信イベントを支援する情報発信サービス「ぴらつか」

  • イベント会場
  • イベント情報
  • インバウンド
  • エンタテインメント
  • コロナ対策
  • 収益性向上
  • 多言語
  • 情報発信
  • 沖縄料理店
  • 配信イベント
  • 集客
  • 顧客利便性向上
  • 顧客満足度向上

2020年3月以降、コロナ禍でイベントの実施数や集客数が激減し、アーティストやライブハウスの収益が落ち込む中、新たな収入源として台頭してきたのが「配信イベント」です。本事業では、配信イベントに最適化した多言語対応のデータベースを構築し、より多くの配信イベント情報を県内外の顧客(ファン)に提供するとともに、沖縄のアーティストと県外の沖縄ファンをつなぐ配信イベントを企画・実施し、沖縄でイベントに携わる人々の活動を支援します。

  • IT活用ビジネスモデル・テストベッド構築支援事業

事業概要

2011年から運用されてきた沖縄関連イベント情報「ぴらつかDB」を、配信イベントの情報も格納できるよう刷新するとともに多言語化し、そのDBを活用して配信イベントの情報を県内外や海外に発信します。また、沖縄のアーティストによる配信イベントを企画・実施し、コロナ禍での活動継続を支援します。

実証内容

県内のライブハウス等でイベントを行い、その模様を県外の沖縄料理店等に有料配信する予定でしたが、緊急事態宣言で多くの店が時短営業となったため、今回は主に個人向けに配信を行いました。累計視聴者数は100名以上、その約7割は県外在住者で、沖縄のイベントに対する沖縄ファンの強いニーズが確認できました。

事業の有効性

コロナ禍により県外での活動が難しくなっているアーティストにとって、配信イベントは収入の一助となるだけでなく、県外の沖縄ファンとの交流の維持にもつながり、今後の活動継続の大きな力となります。また、県内のライブハウスや県外の沖縄料理店など、コロナ禍で集客の減った店舗の売上向上にも貢献できます。

事業のターゲット

沖縄のアーティストやライブハウスと協同し、良質な有料配信イベントを定期的に企画。その情報をぴらつかDBを活用して幅広く発信することで、県外沖縄料理店でのパブリックビューイングや、沖縄ファン個人宅での視聴を促し、収益性を高めて事業化につなげ、コロナ禍での沖縄エンタメ業界の活性化を図ります。

概要図:ぴらつかプロジェクト2020

関連企業※内容は事業採択時のものです

特定非営利活動法人 沖縄イベント情報ネットワーク
代表者萩野 一政
事業内容沖縄イベント情報の配信および広報・運営支援
設立年月2007年12月
住所沖縄県那覇市首里池端町34-2F
TEL098-927-3708
Webサイトhttps://piratsuka.com/
IJU株式会社
事業内容Webシステム開発・構築・管理/観光系広告代理店/経営コンサルティング
住所沖縄県那覇市久茂地2-21-1 渡口万年ビル201
TEL098-988-4681
株式会社Wubpedia
事業内容旅行・交流・文化・ITに関する企画/コンサル・情報発信業務
住所沖縄県那覇市松尾1-2-3
TEL098-917-531
ISCOハンズオン支援内容遂行状況の確認・助言/事業報告の確認・助言/テストフィールドの発掘/技術情報展開支援/ビジネスモデル事業化支援/成果事例報告会の実施

ニュース

補助事業者に関係するニュース一覧

おすすめの補助事業者

採択された事業ジャンルに近い補助事業

もっと見る