採択事業詳細

沖縄県採択事業者のご紹介

アジア諸国の労働力不足に対応し、生産性向上をサポート

グループウェアシステムのアジア対応版の開発

  • ASEAN
  • アジア
  • グループウェア
  • 働き方改革
  • 収益性向上
  • 多言語
  • 業務効率化
  • 海外企業
  • 生産性向上

グループウェアは、掲示板やワークフロー、メール、電子会議室など多彩な機能を持つ社内コミュニケーションツール。企業の生産性を上げ、在宅業務にも対応できるシステムとして、働き方改革への貢献も期待できます。一方、タイやベトナム、ミャンマーなどの国々では、人手不足や人件費高騰の兆候が見られますが、グループウェアの普及はあまり進んでいません。OCCでは独自開発のグループウェア「WebMagic」をベースに、英語、タイ語、ベトナム語版を開発しました。今後ASEAN諸国へ販売し、業務の効率化や人手不足対応などに役立てていただきます。

  • 沖縄アジアITビジネス創出促進事業
  • アジアITビジネスモデル部門

今後の海外展開

タイ・ベトナムのパートナー企業とタッグを組み、第1次ターゲットは日系企業、第2次ターゲットはASEANの企業団体に広げ、利用者数の拡大を目指します。

ASEAN(東南アジア諸国連合)各国の総人口に占める65歳以上の人口の割合1980年〜2050年(予想)の推移

事業の有効性

グループウェアの導入により、業務フローの見える化やコミュニケーションロスの低減等がもたらされ、生産性の向上につながり、利益の向上が期待できます。

ITツール毎の利活用状況別の、この3年間の利益伸長割合 益伸長割合(%)

事業のターゲット

まだグループウェアを導入していない企業や団体。新たにグループウェアを導入することによって、業務の利便性と効率性向上を図ることができ、利益伸長等のメリットや有用性を享受できます。

グループウェアは働き方改革のお役にも立ち、作業効率も上げるシステムです。

関連企業 ※内容は事業採択時のものです

株式会社オーシーシー
代表者天久 進
事業内容システムインテグレーション/クラウドサービス/IDCサービス/ディザスターリカバリーサービス/ネットワークソリューション 等
設立年月1966年10月
住所沖縄県浦添市沢岻2-17-1
TEL098-876-1171
Webサイトhttps://www.occ.co.jp/
ISCOハンズオン支援内容遂行状況の確認・助言/事業報告の確認・助言/産業ニーズの収集・分析/モデルのブラッシュアップ/開発・実証の調整・支援/モデル収益化の支援/成果報告会の実施/モデル展開の追跡調査

ニュース

補助事業者に関係するニュース一覧

おすすめの補助事業者

採択された事業ジャンルに近い補助事業

もっと見る