採択事業詳細

沖縄県採択事業者のご紹介

テレワーク社会へ向けた、ポケットで持ち運べる業務管理システム

ERP「Cladia」スマホ対応化開発プロジェクト

  • コロナ対策
  • テレワーク支援
  • メーカー
  • 中小企業
  • 働き方改革
  • 卸売業
  • 商社
  • 多言語
  • 業務効率化
  • 業務管理
  • 生産性向上

外国人労働者がいる現場や海外工場でも運用できる、多言語対応業務管理システム「ERP」のモバイル版を開発。今や誰もが持ち歩くスマホで在庫状況や販売履歴、顧客情報などをリアルタイムで見える化し、紙に押していた押印もスマホで承認できるよう電子化を実現しました。さらにGoogleカレンダーと連動し、社内スケジュールもスマホで共有できます。比較的安価で、かつ「スマホ対応」による利便性向上を図り、中小企業でのテレワーク化を促進します。

  • 沖縄アジアITビジネス創出促進事業
  • アジアITビジネスモデル部門

事業概要

見積管理、販売管理、購買管理、外注管理、在庫管理、顧客・品目マスターなどのマスターデータ、回収状況、支払状況などの閲覧・操作を、iPhoneやAndroid携帯のタテ型画面サイズに合わせ、スマホでできるように開発。社員のスケジュール管理もスマホで対応可能にしました。多言語・多通貨対応と複数拠点の一元管理機能を活かし、たとえば国内にいながら中国やベトナム工場の業務もスマホで管理できるようになります。完全クラウド対応と比較的安価に導入できる強みで、競合他社製ERPと差別化を図り、デジタル化を進めたい中小企業を支援するITツールを目指しました。

事業の有効性

経営者がどこにいても迅速な経営判断ができる社会。それが本当の意味でのテレワークです。そのために「ポケットで持ち運べるERP」を開発しました。ERPという、すでに多くの国で使われているITツールを導入することで、システムに合わせて業務を変える「働き方改革」が実現でき、ムダな業務も削減できるようになります。

事業のターゲット

主に複数の拠点を持つ商社や卸売業、海外に工場を持つ製造業などの中小企業向けITツールです。クラウドでデータの一元管理を行うことで、現場に行かずとも経営者が一目で実績を確認できるようになります。特に経済成長が進むベトナムでは、人海戦術からIT化へと進む中、これから需要が増えると予想されます。

例えば、このような日常業務を一元管理できます!

関連企業※内容は事業採択時のものです

ITSシステムサービス株式会社
代表者齋藤 利和
事業内容ソフトウェア開発・構築・保守メンテナンスなど
設立年月2008年9月
住所沖縄県那覇市辻1-16-9 サングリーンビル1F
TEL080-3406-4353
Webサイトhttps://jp.itshkc.com/
株式会社モアアジア
事業内容ソフトウェア開発・企画・制作など
住所東京都豊島区南池袋2-9-3 サンビルディング4F
TEL03-5924-6616
ISCOハンズオン支援内容遂行状況の確認・助言/事業報告の確認・助言/テストフィールドの発掘/技術情報展開支援/ビジネスモデル事業化支援/成果事例報告会の実施

ニュース

補助事業者に関係するニュース一覧

おすすめの補助事業者

採択された事業ジャンルに近い補助事業

もっと見る