採択事業詳細

沖縄県採択事業者のご紹介

ICTブイで環境データを取得し、アーサの最適な栽培方法を確立

アーサ(ヒトエグサ)生産性向上のためのICT推進事業

  • アーサ
  • 収益性向上
  • 業務効率化
  • 漁業組合
  • 生産性向上

沖縄特産品の一つであるアーサは、近年、健康食材として需要が増加傾向にありますが、収穫量は栽培場所や生産者、年によって変動するうえ年々減少傾向にあり、加工業者の設備も効率的に稼働できていません。本事業では海上にICTブイを、陸上に気象センサーを設置し、アーサの収穫量に影響を与えると思われる環境データを取得して、沖縄県IoTプラットフォームに蓄積。それらのデータを分析し、最適な栽培方法の確立を目指します。

  • IoT利活用促進ネットワーク基盤構築・実証事業

事業概要

現在、アーサの栽培は生産者の勘と経験に基づいて行われており、生産量の増減要因がよくわからないままです。本事業ではICTブイと気象センサーを用い、海水温や塩分濃度、気温・風向・降雨量等の気象情報を取得。そのデータを蓄積し、収穫量との関連性を分析することで、次年度以降の生産量増大につなげます。

実証内容

北中城村沿岸のアーサ圃場で、海中環境の異なる最大4カ所にICTブイを、近隣の陸上にフィールドセンサーを設置。各種環境データを取得するとともに、それらが収穫量に与える影響を分析するため、アーサの成長状況や生産者の作業内容、種付けに必要な遊走子の数、収穫量に影響を与える雑藻の発生状況なども把握します。

事業の有効性

データ分析によって環境要因と作業内容、収穫量の相関関係が明らかになれば、次年度以降はデータに基づいて最適な栽培方法が選択でき、生産量増大と加工設備の効率的な稼働、それによる収入の安定が見込めます。また、ベテラン生産者のノウハウが可視化できるので、新規就業者も一定の生産量確保が期待できます。

事業のターゲット

全国的にアーサの需要が増大し、注文に生産が追いついていない現状を踏まえ、今後は実証を行った漁業組合だけでなく、それ以外の漁業組合にも本システムを提案し、沖縄県全体のアーサ生産量増大につなげたいと考えています。また、将来的にはアーサ以外の海産物の栽培や養殖への応用も検討していきます。

アーサの生活環と栽培における収穫量に大きく影響すると考えうる課題と実施内容

関連企業※内容は事業採択時のものです

株式会社NTTドコモ
代表者吉澤 和弘
事業内容通信事業/スマートライフ事業/その他の事業
設立年月1991年8月
住所東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー
TEL03-5156-1111
Webサイトhttps://www.nttdocomo.co.jp/
佐敷中城漁業協同組合 北中城支所
事業内容水産資源の管理および水産動植物の増殖/水産に関する経営および技術の向上に関する指導 他
住所沖縄県中頭郡北中城村字熱田2070-7
TEL098-935-4955
ISCOハンズオン支援内容遂行状況の確認・助言/事業報告の確認・助言/開発・実証の調整・支援/成果報告会の実施/メディアへの周知

ニュース

補助事業者に関係するニュース一覧

おすすめの補助事業者

採択された事業ジャンルに近い補助事業

もっと見る