採択事業詳細

沖縄県採択事業者のご紹介

Smile Okinawaプロジェクト・家族で見守る安心カーライフ

事故防止&家族見守りアプリによる交通事故削減事業

  • ドライブレコーダー
  • 交通事故低減
  • 見守り
  • 観光客サポート
  • 顧客利便性向上
  • 高齢者

沖縄県の重要課題の一つである「交通安全の確保」。交通事故の世代別割合では、運転経験の浅い若年層(10〜20代)が45%、判断力が衰えてくる65歳以上の高齢者が約15%と、運転に不安を感じている世代が約60%を占めています(2019年度)。運転者本人だけでは解決できないこの問題に対して、家族単位で安全運転の意識を高めるアプリおよびWebサービスを開発し、交通事故削減につなげることを目的とします。

  • IT活用ビジネスモデル・テストベッド構築支援事業

事業概要

以下の交通事故削減につながる機能や、家族による見守り機能に対して、有用性の実証を行いました。
(1)事故削減機能:運転診断(ドラレコ機能)、ドライバー適性チェック機能、事故多発地点お知らせ機能
(2)家族見守り機能:アプリ利用者の診断結果(運転診断・ドライバー適正チェック)をWebサイト側で共有する機能

実証内容

事故削減および家族見守り機能が安全運転の意識づけにどのようにつながるかを618人に検証した結果、利用者の90%は安全運転意識が高まり、見守り機能は約76%が便利に感じたという評価を得られました。また、取得した走行データから属性別に危険運転箇所を明確化でき、ビジネス展開の可能性を見出しました。

事業の有効性

家族を大事にする沖縄の県民性に着目し、家族見守り機能を加えた本アプリを無償提供して利用促進を図ります。普段使いのスマホがドラレコとして活用できる点もポイント。将来的な効果として、交通事故による経済的損失の軽減、レンタカーを利用する観光客のイメージアップ(=安心・安全な沖縄)につなげられると考えます。

事業のターゲット

ターゲットとしては、免許取りたてで運転に不安がある若年者ドライバーや、身体機能が低下した高齢者ドライバーのほか、子供や親の運転を見守りたい家族、レンタカーを使用する日本人や訪日外国人(慣れない土地での運転補助)、職務上で安全運転が求められる職業ドライバーなどを想定しています。

概要図:事故防止&家族見守りアプリによる交通事故削減事業

関連企業※内容は事業採択時のものです

株式会社カレンティア
代表者星山 薫
事業内容ITコンサルティング/システム開発、システム保守・運用/モバイルアプリケーション開発(iOS・Android)/Webデザイン、Webサイト制作
設立年月2016年3月
住所東京本社:東京都品川区西五反田7-9-5 SGテラス9F 那覇支店:沖縄県那覇市銘苅2-3-1
TEL東京本社:03-5496-1081 那覇支店:098-988-1523
Webサイトhttps://currentia.co.jp/
大同火災海上保険株式会社
事業内容損害保険サービス
住所沖縄県那覇市久茂地1-12-1
TEL098-869-5923(システム開発課)
Webサイトhttps://www.daidokasai.co.jp/
ISCOハンズオン支援内容遂行状況の確認・助言/事業報告の確認・助言/テストフィールドの発掘/技術情報展開支援/ビジネスモデル事業化支援/成果事例報告会の実施

ニュース

補助事業者に関係するニュース一覧

おすすめの補助事業者

採択された事業ジャンルに近い補助事業

もっと見る