採択事業詳細

沖縄県採択事業者のご紹介

安心・安全で快適なレンタカーの旅をサポート

通信型ドライブレコーダーを活用した沖縄レンタカー動向分析

  • インバウンド
  • コロナ対策
  • ドライブレコーダー
  • レンタカー
  • レンタカー会社
  • 交通事故低減
  • 混雑緩和
  • 観光客行動分析
  • 顧客利便性向上
  • 顧客満足度向上

沖縄では外国人観光客のレンタカー利用の増加に伴い、当該利用者による交通事故や違法駐車等のトラブルも増加傾向にありました。また、県の人口増加と観光需要の増加に伴う慢性的な交通渋滞は、沖縄の観光地としての魅力を損なうだけでなく、県民の生活にも悪影響を与えています。本事業では通信型ドライブレコーダーをレンタカーに搭載し、走行データを取得。そのデー夕を活用し、ポストコロナに向けた沖縄県の安心・安全で魅力的な観光地づくりを支援します。

  • アジアITビジネス活性化推進事業(IoT利活用促進)

事業概要

通信型ドライブレコーダーから取得される映像、位置情報、衝撃値などの走行データを解析し、利用者の属性別の運転傾向(出身地などにより分類)、危険運転・渋滞が多発するエリア、観光客が集中するエリアを可視化します。そこで得られた結果をもとに、交通事故低減や渋滞緩和、観光振興の施策への活用を目指します。

実証内容

沖縄ツーリストのレンタカー20台に通信型ドライブレコーダーを搭載し、走行データを取得。また、レンタカーの予約システムと連携させた解析システムを開発し、蓄積データとレンタカー利用者の属性情報を統合します。この仕組みを活用し、交通事故対応の効率化や運転行動分析、渋滞分析、観光動態分析を実施します。

事業の有効性

属性別の運転傾向や危険運転エリアの把握により、利用者に合わせた安全運転支援が実施できます。また、交通渋滞や観光客の集中エリアを把握することで、混雑を避けた観光ルートの提案や、商業・観光施設の誘客施策にも活用できます。本事業が安心・安全で快適なレンタカーの旅をサポートし、沖縄の観光地としての満足度を高めます。

事業のターゲット

このビジネスモデルを県内レンタカー事業者へ展開し、蓄積されたデータとより多くの有益なビッグデータを連携活用することで、レンタカー業界全体で沖縄県のEBPM(Evidence-based Policy Making:証拠に基づく政策立案)を支援することができます。

概要図:通信型ドライブレコーダーを活用した沖縄レンタカー動向分析

関連企業※内容は事業採択時のものです

アイ・ムーヴ株式会社
代表者喜友名 洋
事業内容Webシステム開発/Webサイト構築・運用/IT資産管理(ITAM)/業務システム開発
設立年月2007年8月
住所沖縄県中頭郡西原町上原2-7-1-201
TEL098-882-0717
Webサイトhttps://www.i-move.co.jp/
沖縄ツーリスト株式会社 レンタカー部
事業内容レンタカー事業
住所沖縄県豊見城市豊崎3-37
TEL098-856-8877
株式会社デンソーテン
事業内容コネクティッド事業/CI事業/AE事業
住所兵庫県神戸市兵庫区御所通1-2-28
TEL078-671-5081
ISCOハンズオン支援内容遂行状況の確認・助言/事業報告の確認・助言/テストフィールドの発掘/成果事例報告会の実施

ニュース

補助事業者に関係するニュース一覧

おすすめの補助事業者

採択された事業ジャンルに近い補助事業

もっと見る