採択事業詳細

沖縄県採択事業者のご紹介

国際通りの“人の流れ”を24時間観測し、人流データを蓄積

国際通り人流分析

  • マーケティング
  • 人流計測
  • 商店街
  • 商業施設
  • 地域活性化
  • 混雑緩和
  • 災害対策
  • 自治体
  • 観光事業者
  • 集客

観光振興や街の活性化に取り組むうえで、継続的に取得した膨大な人流分析データは非常に重要な情報です。本事業では国際通り沿いのビルにカメラを設置し、人流分析ソフトウェアを用いて通行人数等を自動的に24時間観測。そのデータを数値化して、沖縄県IoTプラットフォームに蓄積します。将来的にはデータの分析による効果的な観光施策や、マーケティングへの活用を目指します。

  • IoT利活用促進ネットワーク基盤構築・実証事業

事業概要

カメラが捉えた人の流れを人流分析ソフトウェアで解析し、人数・性別・年齢を推定してデータを蓄積し、そのデータを可視化するアプリケーションで表示します。地図上のカメラ設置ポイントをクリックすると、蓄積された人流データがグラフ表示され、「いつ、どういう人が通過したか」が一目でわかります。

実証内容

国際通り入口にある沖縄ツーリスト松尾本社ビル前にカメラを設置。約半年間にわたり、一方向の通行人数を24時間連続で観測し、その性別と年齢を推定して数値化し蓄積しました。データの取得にあたっては個人情報に配慮して画像は録画せず、個々の特徴を捉えるための数値データのみを保存しています。

事業の有効性

人流データを長期的に取得して蓄積し、さまざまな角度から分析することにより、時間帯や曜日、シーズン等による人流の傾向が把握でき、商店街や各店舗で集客に有効な施策が打ち出しやすくなります。また、混雑状況がリアルタイムに把握できるため、混雑解消や災害対策用の検討資料としても活用できます。

事業のターゲット

まずは国際通りの各商店街と連携し、人流測定ポイントを国際通り全体に拡大しながらデータの蓄積を続け、より効果的なマーケティングにつなげるべく、データの分析を進めたいと考えています。また、自治体や観光業者にもデータを提供し、観光統計情報の作成や地域活性化への活用も提案していきます。

国際通り人流分析

関連企業※内容は事業採択時のものです

日本電気株式会社
代表者新野 隆
事業内容パブリック事業/エンタープライズ事業/ネットワークサービス事業/システムプラットフォーム事業/グローバル事業
設立年月1899年7月
住所東京都港区芝5-7-1
TEL03-3454-1111
Webサイトhttps://jpn.nec.com/
株式会社OTSサービス経営研究所
事業内容調査・コンサルタント事業/研修事業/講演会・セミナー・イベント開催/広告代理事業
住所沖縄県那覇市松尾1-2-3-5F
TEL098-869-1717
ISCOハンズオン支援内容遂行状況の確認・助言/事業報告の確認・助言/開発・実証の調整・支援/成果報告会の実施/メディアへの周知

ニュース

補助事業者に関係するニュース一覧

おすすめの補助事業者

採択された事業ジャンルに近い補助事業

もっと見る