採択事業詳細

沖縄県採択事業者のご紹介

フロントスタッフの案内業務をAIスピーカーとWebアプリで代行

AIスマート・スピーカーによるホテル宿泊者の利便性向上とホテル業務の効率化

  • AIスマート・スピーカー
  • QRコード
  • インバウンド
  • ガイドシステム
  • マーケティング
  • レンタカー会社
  • 収益性向上
  • 多言語
  • 宿泊施設
  • 業務効率化
  • 観光施設
  • 集客
  • 音声ガイド
  • 顧客利便性向上
  • 顧客満足度向上

国内外からの観光客が増加の一途をたどる今、沖縄のホテルで大きな問題となっているのが人材不足です。中でも多言語対応が可能な人材は圧倒的に不足しており、ホテルの稼働率を低下させる一因ともなっています。そこで当社では、AIスマート・スピーカーとWebアプリを活用し、多言語対応のコンシェルジュサービスを開発。宿泊者からの問い合わせに対し、AIスマート・スピーカーやWebアプリが初期対応を行うことで、ホテルスタッフの負担が軽減されて業務が効率化でき、宿泊者の利便性と満足度の向上につながります。

  • IT活用ビジネスモデル・テストベッド構築支援事業

事業概要

客室にAIスマート・スピーカーと、専用WebアプリにアクセスできるQRコード(共に多言語対応)を設置します。宿泊者が施設内や周辺の情報を知りたい時は、AIスマート・スピーカーに話しかけるか、スマホでQRコードを読み取ってWebアプリに接続すれば回答が得られ、フロントへの電話件数が低減します。

実証内容

恩納村にあるリゾートホテルの全室にQRコードを配布し、うち20室にはスピーカーも設置。質問と答えはホテル専用にカスタマイズしたものを1000以上、日本語・英語・中国語(繁体字・簡体字)・韓国で用意しました。答えられなかった質問と回答はそのつど追加登録し、回答の量と精度を高めていきました。

事業の有効性

宿泊者は知りたい情報が母国語で手軽に得られ、利便性が高まります。また、ホテル側は電話応対の回数が減ってフロント業務が効率化でき、本来スタッフが手をかけるべきサービスに注力できます。その結果、宿泊者の満足度が上がれば「また沖縄に来たい」との動機付けになり、観光振興にもつながります。

事業のターゲット

まずは沖縄県内、続いて全国のホテルへと販路を拡大します。同時に顧客満足度を高めるため、システム内に感情分析機能を盛り込み、利用者の不満をいち早く掴んで対応できるようにします。将来的には県内のレンタカーや観光施設などにも設置を進め、旅行中の情報プラットフォームに育てたいと考えています。

ホテル業界の課題に対応
カスタマーマージャーニーマップによる業務分析〜otomoサービスの開発・実証

関連企業※内容は事業採択時のものです

NO MARK株式会社
代表者赤嶺 謙一郎
事業内容Webプロモーション/Webサイト制作/Web広告/動画作成/SNS運用/アクセス解析
設立年月2018年9月
住所沖縄県那覇市字小禄1831-1 沖縄産業支援センター403-1
TEL098-858-7117
Webサイトhttps://nomark-inc.co.jp/
株式会社かりゆし
事業内容リゾートホテルの運営
住所沖縄県那覇市前島3-25-1 とまりんビル2-3F
TEL098-861-7706
ISCOハンズオン支援内容遂行状況の確認・助言/事業報告の確認・助言/産業ニーズの収集・分析/モデルのブラッシュアップ/開発・実証の調整・支援/成果報告会の実施/モデル展開の追跡調査

ニュース

補助事業者に関係するニュース一覧

おすすめの補助事業者

採択された事業ジャンルに近い補助事業

もっと見る